炭酸パックと他のパックや美肌エステとの違い

炭酸パックと他の美肌エステはどう違うのでしょうか。スキンケアエステには多くの種類が有りますが、基本的な順序は、クレンジング、洗顔、マッサージ、パックなどの保湿となります。それぞれの特徴として、クレンジングはお化粧を落とすのが目的。洗顔はクレンジングで落としきれなかった化粧と余分な皮脂や古い角質や汚れの除去が目的。マッサージは肌の血行を促進させて新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを促すのが目的。そしてパックは保湿しながら肌の新陳代謝を促進する手助けをするのが目的です。そしてパックの中にも種類があり、直接肌に乗せて覆いかぶせるもの、泥の成分を肌に塗るタイプ、ジェルのような物を塗るタイプ。炭酸パックは一番最後のタイプです。他のパックとの違いは肌に直接貼り付ける(パック自体が固くなるものも含む)わけではなく、半液体状のものを塗ること、そして、炭酸ガスという他のパックにはない成分を美肌成分の浸透材としてや、ガス自体の作用で血行促進することが出来ることにあります。具体的には、炭酸ガスは脂溶性ガスですのでガスが肌の上で溶けて、肌の中に浸透していきます。これはほかの方法で美肌成分を肌に塗って浸透したものよりも深く浸透します。美肌成分は製品によって内容が異なりますが、肌に関する効果は基本的なものはどの製品にも入っていますので、炭酸パックの他の美肌エステとの違いは美肌成分の浸透力の高さであると言えます。